医療・合理性・経験
医療人類学の四半世紀の流れを俯瞰する本書は、意味を中心とするアプローチ、病いの再現=表象理論、批判的現象学、物語論、読者反応論等を駆使しながら、医療・病いを社会的・文化的・美学的文脈から描き出す。病いや患うことの意味を徹底して問おうとする本書は、豊かな臨床知の宝庫であり、21世紀に架橋する記念碑的な著作である。原書名:Medicine, rationality, and experience(誠信書房サイト